こどもメガネ.comのサイトです

斜視について

■斜視の原因は?

斜視の原因はいろいろあって眼球を動かす筋肉や神経の病気、遠視、両眼視の異常、視力不良があげられます。
●まず眼球を動かす筋肉や神経に病気がると、眼球が動かなくなって目の位置がずれ、斜視になります。
●両眼視とは、両目を使ってものを一つに見る働きのことです。両眼視も先にお話した視力と同じように、赤ちゃんがものを見る自然の訓練によりできあがっていきます。両眼視は生後一年くらいでできあがり、六歳くらいで完成するといわれていますが、生まれつき両眼視ができなかったり、その発達が途中でうまくいかないと斜視になります。


■斜視の治療は?

斜視の中でも調節性内斜視メガネで治りますが、それ以外の斜視は手術での治療が主となります。


■視力が良いのに、どうしてメガネが必要なのですか?

遠視の場合、遠くのものを見るためにも他の人が近くに物を見るのと同じようにピントを合わせなければいけません。また、近くの物を見るときは、その遠視に合わせてさらに余分にピントを合わせなければいけません。この場合、メガネは余分にピントを合わせすぎないようにするために必要なのです。


■メガネをかけずによくなることはあるの?

弱視治療はメガネでの屈折矯正が基本であり、メガネをかけずに視力が上がることはありません。では、視力が上がった後、メガネをしなくてもよくなるかというとどうでしょうか。弱視治療という意味だけ考えると、視機能の発達が望めない年齢をすぎれば、はずしてもよいということになるでしょう。
しかし、1.0の視力がでてきても、屈折異常がゼロ近くになるこどもはほんの一部です。屈折異常がある限りは、メガネを外してしまうと目は無理な調節をし続けることとなります。結局はメガネをかけている方が、よく見えて疲れないため、メガネとのお付き合いは続くことになるでしょう。

調節性内斜視では、遠視のメガネをかけていない時には片目が極端に内によっている(内斜視)が、メガネをかけるとまっすぐ(正常)になります。

【参考文献】
・メディカル葵出版「斜視Q&A101-斜視のお子さまをお持ちの保護者の方々へ」
・日本眼科医会「子どもの弱視・斜視」