メガネをかける必要性

■年齢と視力の発展の推移

 視力は生まれたばかりの頃は、0.01くらいしかありませんが、その後3~5歳までに「くっきり見る」ということによって発達すると言われています。
 そしてこのあいだに、目で見たものを悩んで認識できるようになります。もし、遠視や乱視などによりものをはっきり見れないと色を見分けたり、両目できちんとものを見ることができず視力が発達しません。このため、メガネをかけて矯正することが必要です。

こどもはメガネをかけることを嫌がることもありますが、こどもにとってのメガネはファッションではなく、視力の発達に関わる問題を解決するための、大切な道具なのです。

お客様専用ダイヤル