KIDS EYE

 こどもの視力は、身体の成長とともに、少しずつ発達するといわれています。
 生まれてすぐの赤ちゃんの視力は、光の加減がわかる程度ですが、身体の成長と同じように、視力も徐々に発達し、5~6歳頃には、色を見分ける構造も出来上がり、大人と同じくらいの視力をもつようになります。

 私たちは、ものを目で見ていると思いがちですが、実は、目で見た情報が、脳で認識されて、はじめてものが見えているということになります。
 情報を最初にとらえるのが、目。つまり、情報の入り口となる目で、正しくものをとらえるということは、脳の発達にも大きく影響してくるといえるのです。

 そこで大切なのが、お子様の視力に敏感になることです。
 ほとんどのこどもが、「見えにくい」など、自分で視力の異常を教えてくれることはありません。そのため、身近にいる大人が、注意して視力の変化に気づいてあげなくてはならないのです。もちろん、学習する姿勢やゲーム・読書を楽しむときの環境にも考慮し、お子様とともに、目の大切さを考えることも必要なことです。

 視力障害は、早期に治療することで改善につながる場合もあります。少しでも気になることがあれば早めに眼科で受診するように心がけ、お子様の視力を守ってあげるようにしましょう。

お客様専用ダイヤル