こどもメガネ.com

TOPこども用メガネの選び方こどもの視力弱視についてメガネの必要性 トマトグラッシーズ取扱店 

 

    弱視の原因は?

弱視の原因は、大きく2つに分けられます。
一つは先天性の白内障など、目の病気が原因で視力が悪いもの。
もう一つは、視力が発達する生後2~3ヶ月の頃から3歳までの幼児期に、斜視や強度の屈折異常(遠視・近視・乱視)があるため、網膜に鮮明な映像を映していないことで、目から得られる情報が抑制され、正常な(もしくは異常の少ない)目のみが働くようになり、視力が上がらなかったものです。
脳の視覚野には臨界期があり、ある大切な時期を過ぎると脳の配線が固まってしまうのです。
【臨界期:発達過程において、その時期を過ぎるとある行動の学習が成立しなくなる限界の時期。(三省堂)】

サンプル画像

    弱視の治療はいつから?

サンプル画像


幼児から8歳までが大切!

目の発達は8歳頃にほぼ眼機能は完了します。
よく知られている例ですが、生まれて間もない赤ちゃんに眼帯をして光に当てないでいると弱視になると言われます。8歳頃までに治療しないと一生視力が獲得出来なくなってしまうのです。
大切なことは早く発見して早く治療を行うことです。
そのためにも、市町村が行っている「3歳児健康診査(3歳児検診)」を受けましょう。

    「弱視が治った」とは?

サンプル画像

正しい屈折矯正をすれば1.0以上の視力が得られ、良好な両眼視の獲得ができたら弱視が治ったと考えられています。
ここでいう視力とは、あくまでも矯正視力のことであり、裸眼視力ではありません。
(※1.0の視力が得られれば弱視とは言わなくなります)

    メガネを掛けずに良くなることはあるの?

 

サンプル画像

弱視治療はメガネでの屈折矯正が基本であり、メガネを掛けずに視力が上がることはありません。
では、視力が上がった後、メガネを掛けなくてもよいかというとどうでしょうか。
弱視治療という意味だけを考えると、視機能の発達が望めない年齢を過ぎればメガネは無くてもよいことになります。
しかし、1.0の視力が得られても、屈折異常がゼロになるこどもはほんの少数です。屈折異常がある限り、メガネをはずしてしまうと、目は無理な調節をし続けることになります。
結局はメガネを掛けている方が、よく見えて疲れないため、メガネとのお付き合いは続くことになるでしょう。

 

Copyright (C) NAGOYA GANKYO CO.,INC. All Rights Reserved.