こどもメガネ.com

TOPこども用メガネの選び方こどもの視力弱視についてメガネの必要性 トマトグラッシーズ取扱店 

 

    まず、軽くて丈夫であること

メガネに慣れていないお子様でも、嫌がらずに掛けられるよう、軽いメガネを選びましょう。
また、活発なお子様はメガネをつぶしたり、曲げたりしてしまうことがしばしばありますので、壊れにくいメガネがいいのです。
万が一、メガネが曲がったり変形した場合も簡単に修正できるメガネがおすすめです。
また、レンズが入るとさらにその重さが加わりますので軽いフレームにすることは第一の条件です。
大きさは、実際に現物を掛けてみて、メガネ店の販売員さんのアドバイスを聞いて選びましょう。

サンプル画像

    掛け心地がよくて、ズレにくいもの

サンプル画像


元気なお子様は、動き回ることが多いので、メガネがずれることが多いのです。
メガネがずれるとレンズの光学中心から視線がはずれてしまうので、正確な視力矯正ができなくなってしまいます。ずれにくいメガネをお選びください。
必要であればヘッドバンドを着用することも考えましょう。

    アフターケアが充実していること

 

サンプル画像


メガネの一部分だけが破損した場合、全体を交換するのではなく部品単位で交換ができれば経済的な負担が少なくなります。
フレームを選ぶ際には、各部分が交換できるパーツを取り揃えてあるかどうかの確認も必要ですね。

 

Copyright (C) NAGOYA GANKYO CO.,INC. All Rights Reserved.